キャッシングの基礎

皆さんはキャッシングやローン、消費者金融というと、恐い危険手を出してはいけないもの、というマイナスなイメージを強く持っているのではないでしょうか

しかし、キャシングや消費者金融は皆さんが思っているような危険なものではありません。それに、消費者金融も運営もとをたどれば銀行というものも多くあります。危険なのは自分の欲求を抑えきれず、返すめどがたたないまま、次から次えと借り、最終的には闇金という世界に手を出すと、皆さんのイメージしている危険なものにかわります。

そのため、無理のない程度に借り、しっかり返済していれば、なんの心配もいらない、非常に便利なサービスです。そして、ここではもっとキャッシングについて理解して頂くためにも、キャッシングの基本について説明していきます。

キャッシングとは?

消費者金融といわれる金融機関や銀行が個人に対して行なう小口の融資であり、一般的にはキャッシング機能のついた専用のカード(クレジットカードやキャッシングカード)を用いてATMまたはキャッシュディスペンサーからお金を引き出す形で利用します。

最近ではネット環境の改善により、ネットキャッシングを利用する人も増えており、その場合インターネットや携帯電話などを用いて申込みをして、自分の口座に振り込んでもらう形となります。このネットキャッシングは24時間受付可能で、さらにスピード融資などの特色があるため、若い世代の間で利用する人口が増えています。ちなみにキャッシングの支払いは翌月一括払いとなっています。

また、キャッシングの場合は使用目的が特定されず、極端な場合には生活費に使われるケースもあるので、長期的なローン【住宅ローン・教育ローン等】に比べ、支払い不能となる確率が高いため金利の設定が比較的高くなります。



カードローンとは?

キャッシングと似たようなサービスにカードローンがありますが、(現在ではカードローンもキャッシングと同じような意味で使われ区別がなくなってきています。)カードローンの方はあらかじめ決められた融資限度額までカードで何度でも借り入れできるもので、返済は多くの場合一括払いではなく、分割払いとなっています。また、クレジットカード等に比べて金利も低く設定されています。最近は融資までのスピードも早くなり、急な出費にも便利になり非常に人気となっております。また、ある調べによりますと、成人の4人に1はカードローンを利用しており、年収が1000万円を超えている方でも娯楽費等にカードローンを使用しているようです。



お金が振込まれるまでの流れ

キャッシングは、申込み→審査→契約・入金という流れになります。

申込み方法や、会社によって多少変化しますが、基本の流れを紹介します。



1.申込み(申込用紙に必要事項を記入。身分証明書などを提示)
2.審査結果の告知(通知)
3.契約書、収入を証明する書類などを提示
4.カード発行
5.入金(ATM等での引出、銀行口座への入金など)



最近ではネットで完結できてしまう会社もあります。



キャッシング・カードローンの審査

キャッシング審査の申し込みには本人の詳しい情報が必要になります。

例えば名前、生年月日から始まり、住所・家賃・居住年数・同居家族・電話番号・保険証の種類など本人に関する情報及び業種・住所・電話番号・勤続年数などの本人の勤務する会社の情報を記入の上、融資の希望額や借入用途などです。



そして、重要なのが現在の他社で利用件数と残高なのですが、、嘘を書いても情報機関があり調べればすぐに分かるので正直に書くことをオススメします。

また、免許証などの身分証明も提示します。

店頭に行くのが嫌な方や面倒な方はインターネットで簡単に申し込みすることができるので便利です。パソコンが無い方は無人の自動契約機を利用すると人に会わずにキャッシング可能です。