詐欺や悪徳業者には注意です

お金が借りたい、どうしても明日までに必要!!でも、もう頼れる人も会社もない。

精神的に疲れ切っている時に「すぐに審査なしで誰にでも貸しますよ」という言葉は、もはや神様からの救いのような 言葉に感じてしまいますよね。

でもそこに、悪徳な業者が存在しています。絶対に闇金に手を出してはだめです!



闇金には絶手に手を出すのは絶対にダメ

消費者金融でもお金を借りることができなくなってしまった方は、闇金に走らざるを得えない状況に追い込まれていきます。どこでもいいからお金を貸して欲しい!とインターネットを探していると、ブラックでも多重でもOKなサイトを見つけ出してしまうのです。



闇金というのは、法律外の利率でお金を貸す暴利業者です。10日で1割なんていう年率をしてくる業者も少なくありません。こういった高利貸しにはまってしまったら、抜け出すのは非常に困難です。



しかし、表ではこの10日で1割なんてことをサイトや電話でも言うことはありません。なぜなら、高利貸し、闇金です、と公言しているようなものですから。

では、こういう闇金業者をどうやって見分ければいいのか?



闇金業者の見分け方

①広告や宣伝文句に甘い誘い文句が使われていないか?

こちらは、新聞広告や公衆電話、チラシや公衆トイレ等によく掲載されています。
広告の宣伝文句には、「誰でも融資可能」「審査なしで融資OK」「ブラックリストOK」「多重債務者歓迎」など、なんとかお金が借りたい方にとって魅力的な言葉が多く使われます。

しかし、冷静に考えて下さい。お金を知らない人に貸すのに、審査もなく、返済の目処がない方にも絶対にお金を貸す会社っておかしくはありませんか?上記の様な甘い言葉で誘ってくる会社は闇金業作である可能性が非常に高いです。お金を借りる際は、危険な会社ではないか一旦冷静に考えてみましょう。



②登録番号が(1)の会社、または番号がない会社

闇金業社であっても、賃金業法を営む場合は、法律上都道府県または財務局の登録認可が必要です。登録認可が得られると、(例)の様な登録番号が割り当てられます。(例)東京都知事(1)第000000号・財務局長(1)第0000000号()のなかにある数字は3年おきの更新数を示します。



つまり、(2)の場合は3年×2回で6年の営業している事になります。そのため、数字が大きければ大きいほど長く運営しているので安全性が高いということです。逆に闇金業者は1~2年で閉鎖して名前を変えて営業するため、(1)の可能性が高くなります。この登録番号は必ずサイトのどこかに掲載されているはずですので、危ない匂いのする会社はチェックしてみて下さい。登録番号のない会社は間違いなく闇金業者です。 最近は架空の登録番号を記載する業者もいるので、気をつけて下さい。



安全な会社

さすがにTVCMをやっている闇金業者はいませんので、安全な会社で申込みたい方はTVCMで見たことある、聞いたことる会社で申込むのが安全です。当サイトでも闇金業者は一切掲載しておりませんので、安心して申込み頂けます。