消費者金融、銀行、信販の違いとは?

消費者金融』について説明致します。

消費者金融とは一般の個人に無担保・無保証人でお金を貸してくれる企業のことをいいます。闇金とは違い、運営元を辿るとほとんどが銀行です。運営元が銀行の場合、「銀行系」と呼ばれることも御座います。

『消費者金融』の特徴としては、審査の受け皿が大きい分、金利が少し高くなります。しかし、審査時間や融資時間が銀行や信販に比べ、断トツに早いので、急いでいる時は便利です。また、金貸しに特化した企業なので、豊富なサービスも魅力的です。

銀行』について説明致します。

銀行カードローンも一般の個人に無担保・無保証人でお金を貸してくれるサービスです。消費者金融とは違い、直接銀行が運営しております。

『銀行カードローン』の特徴としましては、低金利・高限度額です。安い利息で借りたい、大きい金額が必要という場合は銀行カードローンがオススメです。また、銀行が直接運営していることから安心感があると人気です。以前は融資が遅いや審査が厳しいなんてことも言われてましたが、最近は全くそんなことありません。身近に使える安心のカードローンと言えるでしょう。

信販』について説明致します。

信販カードローンは元々。通常のショッピング用のクレジットカードのサービスをしていました。例えばセゾンやオリックス楽天などです。ところが、カードローンで現金が借りたいというニーズが高まったので、ショッピング専用では無いカードローンのサービスをはじめたのが、いわゆる信販カードローンです。

大きな特徴としましては、限度額や金利に大きなバラつきがある点です。実質年率(利息)が低いところでは、銀行のカードローンよりも低く、高いところでは消費者金融以上に高くなることもあります。